2009年06月01日

緊急対策というように

緊急対策というように、短期的成功に焦点をおいているところです。この金融危機下では、先が見えません。今、やるべきことは可能な限りのコストダウンや固定費の流動化を追求し、変化に対応しやすい体質への転換を徹底して行うこと、そしてその改革のなかで小さな成功を積み上げて、次の変革へのモチベーションを醸成することだと考えています。具体的には、最短2週間で投資効果を確認し、12週間でその具体策を策定し、24週間から52週間でそのプログラムを確実に実行していきます。
、ビジネス成果に関する具体的な提案への強いこだわりです。コスト削減を実施していないお客様はいらっしゃいません。賃貸今回、IBMとして「コスト削減」について、IBMが本当の意味でお役に立てることは何か、真剣に社内で議論しました。コスト削減は定量的な成果が命です。今回の緊急提案で、一般的によく使われているソリューションでなく、 歯科矯正“オファリング”という形態にこだわっているのはこのためです。ソリューションは問題を解決する方法です。今、お客様が確認したいことは、その改革が「いつ」「どの領域に」「どれぐらいの効果を期待できるか」といった具体的な成果です。これを提示するものがオファリングです。マイクロバブル




ニックネーム hfgh at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1749272

この記事へのトラックバック